壱岐のうに(粒雲丹)を産地製造元から直送/旬の逸品粒うに・うにあえもの/壱岐・かつみのうに

 

壱岐・かつみのうにトップページかつみのうに商品カテゴリお支払・配送についてかつみのうに運営者の紹介百貨店催事・物産展への出店情報お問い合わせカートの中

釣 り 情 報

壱岐の瀬渡し船・第三壱岐

壱岐市石田地区・郷ノ浦地区の瀬渡し船のホームページ。壱岐周辺の釣り場や釣果の紹介等。

九州の新鮮な釣り情報

九州全域をサポートする総合釣り情報 − 新鮮な情報を新鮮なままお届けします。

釣り人のための検索エンジン

釣り人のための検索エンジン「日本の釣り」へようこそ!海釣り道場の姉妹サイトです。

 

貞方釣具店

 

 

  壱岐の磯釣り

壱岐近海は海底の地形が起伏に富み、黒潮と親潮の合流地点でもあり波も荒く、潮の流れも複雑な為、大小様々な多くの魚達を育む大変豊かな海域です。四季を問わず旬の美味しい魚が数多く水揚げされ、漁業師だけではなく釣り人にとっても離島の壱岐は大物の釣れる可能性の高いとても魅力的な釣り場でもあります。壱岐島外からも年間数多くの釣り人達が訪れています。

釣り人にとってその恵まれた環境の壱岐に住んでいる私の趣味といえば・・・・やはり釣りです。

釣果や腕前はさておき、暇を見つけては瀬渡し船で沖磯に渡ったり、地磯や防波堤で四季折々の釣りを楽しんでいます。このページでは私の好きな磯釣りをご紹介します。

 

【 磯からの主な対象魚 】

・・・・・・クロ(メジナ)、マダイ、チヌ、ヒラスズキ、イサキ

・・・・・・クロ(グレ・メジナ)、イサキ、アジ、イシダイ

・・・・ヒラス(ヒラマサ)、ヒラスズキ、イシダイ、アラ(クエ)

・・・・・・クロ(グレ・メジナ)、マダイ

             壱岐の磯釣り場案内  瀬渡し船

壱岐の赤瀬

金城灯台(大金城・小金城)

郷瀬

勝本・御手洗・タンス防波堤

郷ノ浦・平島(コーナー)

郷ノ浦・平島(東のハナ)

 

          釣 行 日 記
2016/4/3
今年の初石鯛

水温も16℃近くまでは上がってきたので、昨年暮れに通った地磯へかすかな期待を抱いて久しぶりの石鯛釣行。

早朝からマキエがわりにポイントに仕掛けを打ち返すが、水温がまだ低いせいかエサ取りも少なく、午前中は何の反応も無く経過。

のんびり昼食を済ませて睡魔に誘われている頃に下げの潮が動き出し、エサのガンガゼをきれいに取られるそれらしいアタリがあり、エサも残り少なくなってきたので、今度こそはと気合を入れて手持ちで構えて仕留めた本命の本イシ53cm、2.7kg。

季節的にまだ活性が低い中、久々の本命の手ごたえある感触を味わうことが出来て、今日はこの1尾で大満足。

2015/12/20

2週間前に底物釣り未開の地に初挑戦して、大物をかけたものの強い引きに魚を寄せられず、根に張り付かれてしまい、釣り上げることが出来なくて悔しい思いをした地磯に再挑戦。
何とか日曜日の午前中だけでもと時間をつくって釣行。

この時季は水温も低くなりエサのガンガゼの調達が難しく、前日に確保出来たのがたったの20個。
しかし、今日は3〜4時間程度の釣行なのでこれでも充分かなと思いながら出発。

この地磯は釣り場までのゴロタ石の浜を歩く距離があり、途中で人汗かいて釣り場に着いたら小休止。

ここは狙うポイントもかなりの遠投が必要で、根が荒くて根掛かりも多く、魚をかけたらかけたで寄せるのにも一苦労する釣り場です。

曇天で風もなく絶好のコンディション。
「がま石スーパーターナー540MH」に「ダイワシーライン石鯛Z40WH遠投」をセットしていざ釣り開始。

遠投を繰り返し、3時間経過。
エサ取りは意外と少なく、結局エサは充分に足りて、大物とまではいかなくても2.2〜2.8kgの本イシを計3尾の好釣果に満足して早々に終了。

3尾目を釣り上げる動画をYoutubeにアップしました。
本日のタイトルをクリックしてご覧ください。(当サイトからのみアクセス可能な限定公開になっております。)
2015/11/8
石鯛釣り。驚きの釣果!

待望の日曜日。曇り時々雨の予報だったので空模様を見ながら今朝はゆっくり出勤。
南西→西の風となっていたのに風裏のはずの場所でも予想以上に南風が強くて波もあり、思ってた場所では釣りが出来そうにないので、仕方なく重い荷物を持って急な坂を上り下りしなければいけない少々勇気のいる地磯に行くことに。

釣り場に着いたものの、ピトンを打つ適当な場所を探すのに手間取り、急いでガンガゼを何個か潰してマキエ代わりに狙いのポイントに撒いて釣り開始。

少しずつポイントを変えながら仕掛を投入してもエサ取りのアタリすらない状況が続き、底物釣りでは初めて来た場所でもあり、下ってきた山の上を見上げて少し後悔の念を抱き始めたころ、小さなアタリがあったかと思ったらいきなり竿が突っ込み慌てて竿を持つとかなりの大物の引きで、まさかと思いながら浮かせるとなんと本命の縞々の本イシ!
それもいきなりの59cm3kg。

もうこれで今日ここに苦労して来た甲斐もあると喜んでいると空模様が怪しくなり小雨が降り始めた。が、ものともせずレインウェアを着て釣り続行。

仕掛を入れると次々とそれらしいアタリがあり、持参した昼食のおにぎりを食べるのも忘れて釣り続けてご覧の通りの釣果。

最後の4尾目は偶然ルアーを投げに来ていた知人の見守る中、自己記録更新の「63cm4kg」の大物を仕留めて記念撮影(^ ^)v。

だんだんと西風も強くなり、帰りの急坂を重い荷物と釣った魚も持って登らなければならないという苦労を考えて本日の釣りはこれにて終了。

結果は2.5kg1尾、3kg2尾、4kg1尾の4尾全てが本命の本イシで合計12.5kgの驚きの釣果に大満足。

帰りに荷物を持って手伝ってくれた白川さん有難うございました。m(_ _)m
お陰様で助かりました。(^ ^;)


2015/10/18
壱岐釣りクラブ10月大会

天気予報では北東の風が強く吹くとの予報だったので、青物狙いにするかどうか迷った挙句、やはり底物しかないと、前日までにガンガゼを50個程確保して当日の準備万端。

今回の場所は風裏にもなる島の反対側の地磯に決定。
早朝には前日の風波も治まって絶好の条件になり、久しぶりの釣行にわくわくしながら釣り開始。

遠目の根の荒い実績のあるポイントに的を絞り、根掛かりにもめげず、マキエを兼ねて打ち返すこと数時間。

満潮から下げに変わるころからやっと石物らしいアタリが出始め、イシガキ1kg→本イシ2.3kg→本イシ2.6kg→カンダイ4.5kg→イシガキ0.7kgの順で釣れ、ご覧の通りの大満足の釣果。

もちろん今日の釣り大会の大物賞で5匹検量の重量も1位でした。(^^)v

釣った魚は翌日に、今回参加出来なかった植村会長宅で上手に料理してもらい、仲間数人で焼酎を飲みながら刺身と鍋で美味しくいただきました。
夜遅くまで大変お世話になりました。m(_ _)m

2015/8/16
久々の釣果

4月頃から3回程石鯛狙いに行くものの釣果無し。
お盆明けの日曜日朝からガンガゼを捕って遅めの出勤でしたが、
さすがに灼熱地獄の防波堤の上は誰もおらず、一人パラソルの下でのんびり釣り開始。
エサ取りも多くアッという間にエサが取られる中、石物らしいアタリを逃さず仕留めた今年最初の釣果。
イシガキ1kgクラス3枚でした。

2014/8/12
石鯛・自己記録更新

昨年と同じくお盆用の魚を調達にと、夕方早めに仕事を切り上げ、ガンガゼのエサを準備していそいそといつもの防波堤へ。

2年ほど前から底物を始め、底物釣りにはまり、足しげく釣り場に通ってかなりの釣果をあげているY君も来て、最近新調したらしいシマノの石鯛竿で一緒に釣り開始。

小型のイシガキダイの猛攻にあいながらも待望のアタリがあり、良型の引きを味わいながら浮かせ、重量感のある魚体を波止の上にブリ上げると、予想以上のデカバンにビックリ。
本イシ60cm、3.5kgで自己記録更新サイズでした。

Y君も小ぶりのイシガキを二尾あげて、目出度く初おろしの竿に取り敢えず石物の引きを味あわせることが出来ました。

予定通りにお盆用の魚も調達でき、久しぶりに大物の引きも味わえた至福の時でした。

2014/5/18
石鯛

春先の上物釣りには熱が入らず、3月頃から数回底物狙いで釣行するものの水温の関係で活性が低く、まったくのボウズ続き。

そんな状況にも懲りず、まだ暗いうちから前日に用意したガンガゼとマキエを持っていつもの防波堤へ。

まだ5月というのに夜明けと共に真夏のような陽射しが照り付けるコンクリートの上でご覧の通りの暑さ対策を施しながら、エサ取りだけの小さなアタリにも根気強くエサを付け替えて仕掛を打ち返すこと数時間。

エサも残りわずかとなり、「やっぱりこの時期はまだダメなのかなぁ」と諦めかけていた時、竿先を大きく押さえ込みエサも綺麗に取られるアタリに目が覚め、ここぞとばかりに残しておいたガンガゼの芯だけをつけてポイントに投入。

着底させて手持ちでかまえると同時にガツガツと食い込んでいきなりの走り。
合わせと同時に愛竿を大きく曲げる良型の強引を楽しみ、本命であってくれと祈りながら浮かせたのは、まん丸太った本イシ52cm2.7kgのグッドサイズ。

辛抱が報われ、久々に本命の石鯛釣りを体感させてくれた会心の一尾でした。

2013/8/11
イシガキダイ

立秋を過ぎても猛暑日が続く毎日。

釣りに行くのは少し暑さも和らいでからかなぁ〜と思っていた矢先。
お盆前に娘や親戚が来るというのに地元の魚屋に美味そうな魚がない。

それでは自分で調達して来ると家族にも言い渡し、家族のあきれた顔をよそに、
久しぶりに道具とエサを準備して石鯛釣りへ。

灼熱地獄になる前にと、夜明けと同時に撒き餌をしながらガンガゼをエサに釣り開始。

だんだんと暑くなる中、エサ取りの猛攻にあいながらも辛抱して仕留めたイシガキダイ3尾。

小さいながらもなんとか面目を保ってくれたうれしい釣果でした。(^^;)v

2012/11/11
カンダイ(コブダイ)

前日の土曜日からの雨が朝のうちに意外と早くあがり、午後からは強風が吹くとの予報だったので、いそいそといつもの防波堤へ石鯛狙いに。

エサは生かしておいた先日の残りのガンガゼとサザエ数個。
釣り始めるとだんだんと風が強くなり、竿があおられアタリが取れない状況の中、はっきりそれとわかる前アタリに手持ちに変えて魚の走りに大きく合わせを入れると、かなり強烈な引きと重量感が伝わり、しめたと思ったのもつかの間、横に走る道糸を見て“アレっ違うのかな”という疑いをいだきながらも必死になって浮かせると、やはり色が違う。また外道?
今度はマダイではなく、カンダイ(コブダイ)。それも超特大の10kgのオス。

その後も強風の中、エサを使い切ろうとしばらく釣り続けているとまたもやカンダイが釣れ、今度は5.5kgのメス。どうも夫婦のカンダイを釣り上げたようです。

写真の通り二匹ともグロテスクな顔をしていますが、味は美味しい魚です。

今日は外道のカンダイだけでしたが、今までにない10kgクラスの魚の重量感のある強い引きを味わえてそれなりに満足することが出来ました。

ちなみにここのところの底物釣りでの釣果はすべて「がま石ガッツオMH500」の活躍によるもので、がまかつの随分前のモデルではありますが、軽くて強靭なすばらしい竿だということをあらためて実感しています。
2012/10/26
イシダイ 55cm・3.0kg 他

好釣果に恵まれることが少なく、しばらく遠ざかっていた底物釣りですが、底物師の石橋氏と同様にここのところの好釣果で完全に冬眠から覚めてしまいました。

その逸る気持ちを抑えきれず、風波のおさまった今日は早めに仕事を終え、夕まずめの短時間にもかかわらず手間のかかる石鯛釣りで一発大物狙いに。

ポイントに手早くマキエをして、きれいな夕日を眺めながら何度か仕掛を投入していると、マキエが効きだしたのか本命のアタリが出始め、先に来ていた釣友の見守る中、待ちに待った大本命の縦縞の本イシが釣れ、その後もアタリが続き、周りの釣り人が帰った日没直後にはまたもやうれしい外道の大型マダイが最後を締めくくってくれて慌ただしい夕まずめの釣りは終了。

釣れる条件があまりにも揃い過ぎていたのか、ほんの小一時間の釣りで写真の通りの驚きの釣果でした。

イシダイ55p・3.0s、イシガキダイ1.0〜1.6s、マダイ76p・5.2s。
2012/10/21
壱岐釣りクラブ 後期大会(10月度)

1月〜4月は仕事の都合で大会に参加出来ず、久しぶりの釣り大会参加。
風もおさまり好天の凪の予報だったので、前日までにエサのガンガゼを準備し、早朝からクラブメンバーの川村氏を誘って近場の防波堤で石鯛を狙うことに。

釣り開始からしばらくはコツコツとしたエサ取りのアタリしかなく、のんびりとしたのどかな雰囲気になりかけた頃、待ちに待った大きく竿先を押さえ込む本命の力強いアタリ。
腰を落として合わせを入れると、海底を這うような大型魚の重量感と強烈な引きが伝わり、その引きに耐えながらも夢中でリールを巻き強引に浮かせると、なんとこれがギラッと白く光って、またもやマダイ。
それも先週よりも更にひとまわり以上も大きく、特製落としダモにやっと入ってくれた驚きの特大サイズ。

嬉しい外道のあまりの大きさに、落としダモを投入して引っ張り揚げてくれた川村氏と「なんでこんな場所でこんなデカイサイズのマダイが?」と、感激よりも先にただただ驚くばかり・・・。

そもそも九州本土から遠く離れた離島である壱岐では、地続きの防波堤でも沖にさえ面していれば沖磯と変わらないということをあらためて思い知らされました。

その後、石鯛釣りは今日が初めての川村氏も1kg程のイシガキダイを釣りあげ、小さいながらも狙い通りの釣果と石鯛釣りの醍醐味を味わうことが出来て大満足。
私は午後から本命の1kg程のイシガキダイを2枚追加して本日の釣りを終了。
マダイの正式な大会検量の結果は86cm、8.5kg。もちろん本大会の大物賞をいただきました。(^^)v

追記:石鯛釣りの冬眠から覚めた私に廃棄処分寸前の石鯛用マキエのウニダンゴを無償で提供してくれた貞方釣具さんの御好意に感謝。m(_ _)m
2012/10/14
石鯛釣りで真鯛。

底物師の石橋氏に誘われ、久々の石鯛釣りへ。

石橋氏はこの秋に私に内緒でイシガキダイや石鯛を数多く仕留めたらしく、ポイント等のご指導を仰ぎながら繰り返し攻めるもののエサのガンガゼだけを取られて二人ともなかなかヒットにつながらない。

だんだん夕暮れが迫って焦りも出てきた頃、それらしい前アタリがあり手持ちに変えた途端ひったくるような強烈なアタリ。
ズッシリとした重量感のある引きに大物を確信しながら喜び勇んで強引に浮かせると、なんとそれは真鯛。
それも80cm、5.6kgと立派なサイズのうれしい外道でした。

今日の釣りに誘ってくれてエサの調達などいろいろとお世話になった石橋氏と、夕日をバックにきれいに弧を描いた石鯛竿でファイト中の貴重な写真を撮ってくれた古賀氏に感謝。m(_ _)m
2012/10/6
アラ 2.5kg

アジ釣りのサビキで釣れた25cm位の美味そうなカマスを塩焼きで食べるかエサにするか一瞬迷いながらも、取り敢えずエサとしてしばらく大海を元気に泳いでもらうことにしたら・・・なんと釣れてしまいました。

小ぶりではありますが、いかつい顔をした立派な本アラでした。

カマスの塩焼きのはずが、幸運にもアラの刺身と鍋で楽しむことが出来ました。(^ ^)v
2012/9/23
この秋初めての釣行・ヒラス

仕事の都合で春先から半年間封印をしていた釣り道具の封印を解き、この秋初めての釣行。

早朝にエサのアジ釣りに行ったところ、サビキにかかるのはお刺身サイズの大アジばかり。それも入れ食いで一時間程でクーラーが一杯になるほど。
程よいサイズのアジが釣れず、今日の釣りはこれで終わりかなと諦めかけたが、大きくてもなんとか泳がせ釣りのエサになるくらいのを10匹選んで、いざ今日のポイントへ。

昨日の雨で少しニゴリも入り、風も吹き始めて波立っていたのでチャンスとばかり、時合いまで辛抱強く粘ることに。そして狙い通りのヒラスのアタリ。
合わせを入れた直後、久しぶりの良型の強い引きに腰が浮いてしまい、慌てて体勢を整えながらやりとりする始末(^ ^;)。

浅い場所なので必要以上に糸は出せず、スプールを手で押さえながら締め込みに絶えて、自慢の特製落としダモへ無事に収まったのは4年ぶりの自己記録更新の95cm、6.7kgの大満足サイズでした。

去年の秋〜冬もそこそこの釣果は得られたものの、今年はこの時期から良型サイズが釣れ、この秋に期待を持たせてくれる一尾でした。\(^0^)/
2011/11/13
自作の落としタモ・初テスト

7〜8mの防波堤の高さから大きな魚を取り込むのは至難の業を要し、また大シケの干潮時等は更に厳しくバラす確率が非常に高くなります。

そこで、直径約90cmの落としタモを自作してみました。
課題だった持ち運び時にも簡単に30cm位にコンパクトに折りたたむことが出来て楽に持ち運べ、しかも軽くて丈夫な自信作。

初テストの今日、この落としタモに難なく収まってテストに協力してくれた3kg68cmのヒラス。

テストの対象魚としてはやや不満なサイズでしたが、海面に浮き過ぎず、沈むことなく漂い、高場からのスムーズな取り込みが可能な優れものの落としタモでした。
自画自賛(^_^)v
2011/10/23
ヒラス

風波が好条件の日曜日、狙いはヒラス。

期待を膨らませて夜明け前から出かけたものの、朝マズメから何のアタリも気配すらもなく、周りの釣り人は2時間ほどで皆あきらめて帰ってしまいました。

それでも、エサのアジがまだ数匹残っていたので、午前中の次の時合いこそはと一人で粘って、釣り始めから約4時間。

やっとそのアタリがあり、重量感とスピードのあるスリリングなファイトを楽しませてくれた後に、何とか60cmのたも枠に収まってくれた5.8kg86cmの丸々太った満足サイズのヒラス。
本日の釣りはこの1本で即終了。
2011/10/16
壱岐釣りクラブ10月大会

半年ぶりの秋の釣り大会に参加。狙いは青物。
早朝、波高2.5mの好条件で、アジを泳がせたら、狙い通りに食ってきました。ただ、ヒラスだと思って釣り上げたらブリでした。(ー_ー)!!
ブリ3.2kg・ヒラスズキ2kgとチヌ1尾で、検量の結果、意外にも重量2位の成績でした。(^_^)v
この秋は例年に比べると好釣果の話が少なく、時期が遅れているのでしょうか。青物はこれからが本番だとは思いますが・・・・。
また近年、生息環境の影響か、それとも乱獲の影響か、ポッテリ太った大型のヒラスズキを見ることが少なくなり残念です。
2011/4/17
壱岐釣りクラブ4月大会

久しぶりに壱岐釣りクラブの大会に参加。
早朝から釣り仲間と瀬渡し船でマダイを狙える沖磯に渡り、マダイの良型3尾、イサキ2尾と狙い通りの釣果に恵まれ、マダイの最大は2.6s61cmで大物賞までもらい、楽しい休日を過ごすことが出来ました。(^o^)v
今回の大会では参加者それぞれがヒラスズキ、ヒラメ、チヌ、マダイ、クロ、イサキ等を数多く釣り上げ、好成績をおさめることができました。
釣りをしている時に、雨の前兆なのか雲間にオーロラのような虹が出ていてめずらしいのでカメラを向けました。
2011/3/27
マダイとチヌ

春らしい陽気になり寒グロシーズンも一段落したようで、人気の地磯も釣り人の数がまばらになりました。
波の穏やかなのんびりとした天気の日曜日、同寸の1.5kgのマダイとチヌ。
季節の変化を感じさせるささやかな釣果でした。
2011/3/6
クロ釣りでなんとイシダイが

夜明け前に人気の地磯へ単独一番乗り。目指すポイントを確保出来た喜びもつかの間、シトシトと雨が降り出す始末。
かと言って、せっかく早起きして来たのにすぐには帰る気にもなれず、めげずに釣り開始。
予報では一時雨のはずが止むこともなく、昼過ぎに帰るまでの間ず〜と冷たい雨と風の中での我慢の釣りでした。(> <)
釣果の方は、地グロ1kg、尾長グロ600gを2尾、そして私自身がイシダイ釣りもするだけに、クロ釣り仕掛けでは釣ってはいけない2kgのイシダイを釣り上げてしまい、我慢が報われ思いがけない好釣果に恵まれました。(^o^)v
2011/2/13
クロ釣り

一仕事終えて昼前頃から地磯の一級ポイントへ釣行。
前日のシケの影響で大ウネリの残る悪条件の中で釣る場所も限られ、早朝から来ていた知人の釣り座の横にいれてもらい取りあえず場所は確保できたものの、あれこれ仕掛けを変えてもエサも取られず、アタリも無く、周りの人も同様の状態で戦意喪失。
思い切って高い釣り座から狙うポイントを沖の潮目に変えてやっと仕留めた43cm1.2kgの丸々太った尾長クロでした。
2010/11/28
ヒラス・ヒラスズキ

めずらしく青物釣りの好条件が整った日曜日、病気のごとくいつもの地磯へ。
狙い通りの釣果を上げ、同行の村本氏も同様に3sクラスのヒラスズキと待望のヒラスを釣り上げて大満足の釣行でした。
2010/11/23
ヒラスズキ

北東の強風・波高3mのgood condition。(^^♪
夜明け前から、アジ子を持って近場の地磯へ出かけて2時間ほどの私の釣果。(2s前後のヒラスズキとチヌ)
「俺は底物師やけん、性に合わん」とブツブツ言いながらもスズキ釣りに同行していた石橋氏が、こっそり2kg程のアラを釣り上げ、得意げに「俺は底物師やけん」を連発。
さすが底物師!! 恐れ入りました。m(__)m
型は小ぶりですが、同行者4名全員が釣れて、みんなで朝マズメの至福の時を過ごしました。
2010/11/14
夕暮れの防波堤

夜釣りを始める前、西の海に沈む夕日がとてもきれいだったので一枚。
釣果はイマイチ(-_-)
2010/11/10
ヒラスズキ

低気圧の通過で大荒れのグッドコンディションにたまらず、平日にもかかわらず夜明け前に近くの地磯へ。
強風の中を約1時間、ヒラスズキ2尾(2.0、2.2s)で、つかの間の至福の時を過ごしました。(^_^)v
2010/11/6
アジ、イサキ

近くの防波堤では、夜釣りでそこそこの型のアジとイサキが釣れ始めました。
夕まずめから約2時間程の釣果。美味しいアジはこれから更にサイズupを期待。
良型のイサキの味は今ひとつですが、漬けにしてお茶漬けや酒の肴にgood。(^o^)v。
2010/11/3
沖の防波堤で石鯛釣り

他の人達にはそれぞれイシガキダイやカンダイが釣れましたが、私達にはそれらしきアタリもなく、同行した底物師の石橋氏は寝転がって竿を眺める始末で、とても退屈な半日を過ごしました。
昼ごろには先日からの強風もおさまり、秋晴れののどかなピクニック日和の良いお天気になりました。(-_-)zzz
2010/10/31
ヒラス

今年は特に地磯周りでの魚影が薄く、早朝から粘りに粘ってやっと仕留めた3kgのヒラス。
サイズはイマイチですが、水深の浅い磯でナイスファイトを見せてくれたまん丸太った元気なヒラスでした。